Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
1. ライディングフォーム
  リーンアウト
naoki_face
通常の走りではスピードがついているから、オフロードバイクに限らずオンロードバイクでも、スクーターでも、リーンインやリーンウィズで曲がりたい方にバイクを倒してあげれば、バイクは曲がります。でも、オフロードではそこまでスピードが出ない、つまり遠心力が働かないので、普段と同じことをやってしまうと内側に倒れてしまいます。そこで「リーンアウト」が出てきます。さっそく説明しちゃいましょう〜!
ではリーンアウトについて。まず真っ直ぐ走ります。そしてハンドルを曲がりたい方向に切るんだけど、この時、普段のようにリーンインやリーンウィズで曲がろうとすると、転んでしまったり、それを防ごうとして足が出てしまいます。そこで、オートバイを傾けて、ハンドルを切れば切るほど体を外に出す。これがリーンアウトです。オートバイの垂直に対して体が外に行くようにします。
リーンアウトフォーム
リーンアウトフォーム
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
次にリーンアウトの体勢の作り方のポイントを説明します。
まず真っ直ぐ走っていますね。そして走りながら、「ハンドルを切って体を外にやる」のではなくて、「ステップを蹴ってバイクを寝かした分、体が外に行く」というイメージ。これがポイントだよ!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
ハンドルを切って体を外に出したら、次に大事なのはステップです。体を外に出すと同時に、ステップに乗せた両足のつま先が曲がりたい方向に向くように踏み変えます。
つま先も曲がる方向へ向ける
つま先も曲がる方向へ向ける
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
それでは実際にバイクを走らせながらリーンアウトをしてみます。「膝を曲げる」、「ステップに乗せた両足のつま先が曲がりたい方向を向く」、そして「体が外に行く」。これらをしっかり頭に入れて、さぁ〜チャレンジ!
前から 後ろから
前から 後ろから
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
ではここで、正しいリーンアウトができているかどうか、自分でできるフォームのチェック方法を教えましょう。体が前すぎず、後ろすぎず、バイクの真ん中の位置に乗った時だけにできること。まずは・・・片手が離せま〜す!
真ん中に乗れれば片手でもOK
真ん中に乗れれば片手でもOK
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
次に、片手に加えて片足も離せま〜す!これは、内側のステップにたくさん体重をかけているからこそできることです。こうすると、オートバイ自体が安定して、曲がりやすくなるんです。
内側の足に力を入れると安定します
内側の足に力を入れると安定します
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
では、リーンアウトの状態で外側のステップに体重をかけてしまった時、いったいどうなるでしょうか?片手片足を離してみると・・・見て見て〜!せっかくリーンアウトで曲がろうとしているのに、バイク自体が起きて、ハンドルも真っ直ぐに戻ってしまうんですね〜。うまく曲がれない人は、外に体重をかけ過ぎてるってことなんだよ。
外側の足に力を入れるとハンドルが戻ってしまいます
外側の足に力を入れるとハンドルが戻ってしまいます
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
よ〜し!ポイントをしっかり頭に入れてっと・・・ありゃりゃ?何度やっても内側に倒れちゃうよ。曲がりきる前に足が出て・・・。どこがいけないの?
naoki_face
それはオンロードのクセで、つい体が内側に入ってしまうからだね。まず内側のステップをグーッと蹴って、バイクを内側に傾けてあげる。そしてそのぶん体を外に出す。つま先はハンドルと一緒の方向を向く。コツは内側のステップにたくさん体重をかけるように意識すること!イメージが大切なんだよ〜。
 
リーンインになってしまう(前から) リーンインになってしまう(後ろから)
リーンインになってしまう(前から) リーンインになってしまう(後ろから)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
スタンディングの練習でも出た悪いクセ、体が前に行き過ぎてハンドルにかぶさってしまうってこと、リーンアウトでもついやっちゃうんだ。このクセを直すにはどうしたらいいの?
naoki_face
はい、これはオートバイが動き出すと腕に力が入って、そのぶん体が前に行ってしまうんだったよね。これを防ぐには、腕に力が入り過ぎないように、かと言って力が抜けて軽くなり過ぎないように、「肩に少しだけ」力を入れてみよう。ちょうど、ロードレースバイクのステアリングダンパーのイメージだね。それからひざを折ることによっても、体が前に行くのを防ぎます。
 
リーンアウトでかぶさってしまう 肩に少し力を入れる
リーンアウトでかぶさってしまう 肩に少し力を入れる
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
これもスタンディングの時に悩んだことなんだけど、へっぴり腰が治らないよ!落ち込んじゃうなぁ・・・なんで?どうして?
naoki_face
は〜い、体が遅れてしまうのは、怖いからっていうことのほかに、アクセルを開けた時に体が遅れて、そのままの姿勢をキープして走ると起きるんでした。まずはアクセルを一気に開けないこと。ゆっくり走れる回転域を見つけて、アイドリング付近をキープしながら走ります。それから、バイクの真ん中の位置に乗る、そしてリラックスしたポーズでやってみましょう。あきらめず何度もトライだよ〜!
 
体が遅れたままのリーンアウト 体は前過ぎず後ろ過ぎず
体が遅れたままのリーンアウト 体は前過ぎず後ろ過ぎず
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.