Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
1. ライディングフォーム
  シートの座る位置(足ばたばた)
naoki_face
今回はライディングフォームの中でも、シートに対する加重のかけ方について教えちゃいます。
シートに対する加重のかけ方としては平坦な場所でシートの前の方に座って乗ったり、後の方に座って乗ったりといろいろありますが、今回は上りでしかも滑りやすい路面での座り方です。
まずはシートの後ろの方に座りますが、今回のように地面の両側がV字になっているときは、足もつきやすくなるので、これが最大の武器になります! 今回の走り方は、立ち上がってのステップバランスで走るのではなく、足を着きながら確実に走り抜けることをやってみます。
単純にシートに座って足を出せばいいって思うかもしれませんが、これが結構難しいのです。
なぜかと言うと、足を着いて踏ん張ろうとしたときに、お尻がシートから浮いてしまいやすいのです。そうなると体重によってサスペンションを縮ませて後輪に加重がかかっていたのが、お尻が浮くと後輪にかかった体重が「クッ」と抜けて後輪が空回りし、バイクが止まってしまいます。 ですので座りながら(バイクが止まってから足を出すんじゃなくて止まる前に)止まるギリギリのスピードで、足で漕いでいく感じです。
いいですか〜? 足を着いた時に、シートへの加重が抜けるとリアタイヤが滑ってしまうので、シートの後の方にしっかり座ったまま、つまり加重をかけたまま、足で漕いで進みましょう!
こんな時の確実な走破法!
こんな時の確実な走破法!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
足は思いっきり着いていいのですが、頭では分かっていても慌ててしまったりとか、お尻がシートから浮いてしまうと、この様にスリップして進めなくなってしまいますのでご注意!
お尻が浮いてスリップ!
お尻が浮いてスリップ!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
今度は溝を走ろう走ろうって思っていても、やって見るとタイヤが滑ったりして、こんな風に前輪がミゾから出てしまうことがよくあります。
前輪がミゾから外れてしまった!
前輪がミゾから外れてしまった!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
前輪がミゾから出てしまったときに、更に上に走り抜けて後輪もミゾの上に抜けようとしても、もうこのV字のミゾのところで後輪が空転してしまってぜんぜん前に進めません。このパターンが結構多いですね。
こういうときは早めに前輪をミゾに落としましょう。そうすることによって、上を向いているオートバイの角度が少し下がります。それから足も着きやすくなります。こういう形で抜け出しましょう!
前輪をミゾに戻して脱出!
前輪をミゾに戻して脱出!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.