Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
1. ライディングフォーム
  シートの座る位置(座ったウィリー)
naoki_face
オフロードバイクのシートはとても長くて、前はタンクの上から後ろはリアタイヤの上まであるんだけど、シートに座ったままのウィリーをするとき、シートに座る位置をどの様に使うか説明します。
まずシートに座ったシッティングの状態でウィリーと言ってもいきなりやるのではなく、毎回言いますが、ちょうど一本橋を思い描いて一直線上をそのままゆっくり走ります。
もう一度おさらいがてらやってみましょう。しかも座った状態で。
ゆっくりまっすぐ走る練習をしよう。一本橋を想像するのがコツ。
ゆっくりまっすぐ走る練習をしよう。一本橋を想像するのがコツ。
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
さあ、ゆっくり走ることが出来たら、今度はアクションを起こします。
これも体を一旦前にやってから後ろに引っ張る。これは立ったときでも一緒です。
但しシートに座った状態ですから、前に体を移動した分、一気に後ろに持ってく感じです。
座る位置を前から・・・ 一気に後ろへ〜!
座る位置を前から・・・ 一気に後ろへ〜!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
今度はシートから後ろにひっぱるタイミングでパワーをかけてウィリーします。
特にシートの前に体重がかかっているとき、操作としてクラッチを切ります。そしてアクセルも閉じてますね。このように体重を前にかけてから、シートの座る位置を一気に後ろへ移動してハンドルをひっぱると同時にクラッチを離します。そのときにアクセルを開けてパワーオンです。
立ってウィリーするときにはクラッチを使わない方法と、クラッチを使う方法がありますが、座ってウィリーするときは身体のストロークがあまり使えないのでその分クラッチを使ってエンジンのパワーを多く使います。
クラッチとアクセルを使ってパワーオン!
クラッチとアクセルを使ってパワーオン!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.