Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
1. ライディングフォーム
  スタンディング
naoki_face
それでは実際にバイクを走らせてみて、基本フォームができるかどうかやってみましょう。
『基本フォーム』で勉強したこと・・・立った時の姿勢、ひざ、手首、目線。それぞれを頭にしっかり入れて、スタンディングをして走ってみましょう。
スタンディングフォーム
スタンディングフォーム
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
立った状態で走り出すと、ついつい体が前に行ってハンドルにかぶさってしまうんだ。どうしたらいい姿勢を作れるかなぁ?
naoki_face
立ったまま走ると怖いから、どうしても腕に力が入ってしまうんですね。だからまず、自分のバイクで正しいスタンディングフォームを作った時のハンドルバーやタンクの位置を覚えておく。そして、そのイメージを頭に描いてからスタートします。ステップでバランスを取りながら、リラックスした状態で走りましょう。
 
怖くて・・・ リラックスしたイメージでまたがる
怖くて・・・ リラックスしたイメージでまたがる
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
どうしてもへっぴり腰になっちゃって、カッコ悪いボク・・・。直樹さんみたいなカッコいいスタンディングに直して!
naoki_face
それは前に行く怖さから、後ろに体重をかけてしまう悪い例です。コツは前の解決法と同じ。正しいスタンディングをした時のイメージ(例えば、顔はメーターの上、ひざがタンクに当たる、・・・)を覚えて、その姿勢をキープして走りましょう。それから、アクセルの開け方によって体が後ろに遅れてしまうこともあります。そんなときは、そのまま走ってしまわないように、腕に少しだけ力を入れましょう。これで(君)のスタンディングもクールに決まるよ!
 
おびえ腰・・・ 顔やひざの一番良い位置を覚えて
おびえ腰・・・ 顔やひざの一番良い位置を覚えて
 
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.