Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
10. フロントアップ
  ボディアクションを使ったフロントアップ
naoki_face
前輪タイヤを上げて走るウィリーに対して、走るところまでは行かないけれど、障害物を越えるときに必要なフロントアップ。確実に思った高さまで、思ったときに上げるワザをここでしっかりマスターするべし!
まず、一番大切なことはボディーアクションをたくさん使うこと。体を前にかぶせて前のサスペンションを縮めたら、縮んだサスペンションが伸びる前に体を後ろに強く引っ張る。大きくボディーアクションを使おう。
フロントサスペンションを縮めて・・・ サスペンションが伸びる前に引く
フロントサスペンションを縮めて・・・ サスペンションが伸びる前に引く
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
ではフロントタイヤを上げてみよう。オートバイをゆ〜っくり、アイドリング付近の低速域で走らせて、体を前にかぶせて後ろに引っ張る!今はアクセルは意識しなくていいから、体の前後の動きをよ〜く覚えてね。
走りながら練習を アクセルを使わないで練習
走りながら練習を アクセルを使わないで練習
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
次は、体を後ろに引っ張ることだけをやめてみます。体を前にかぶせてサスペンションが縮んだら、フロントフォークが伸びるタイミングで、アクセルをちょっと開けてみよう。今はフロントは上がらなくても構わないから、フロントフォークが伸びる感覚を体で覚えるんだ。
走りながら練習を アクセルを使わないで練習
今度は・・・ 体を引かずにアクセルを開けてみる
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
では、ここまでのことをしっかり頭に入れて、イメージを忘れないようにして、体を前にかぶせる⇒体を後ろに引っ張りながらアクセルを開ける、をやってみよう!
最後に・・・ 引っ張りながらアクセルを開ける!
最後に・・・ 引っ張りながらアクセルを開ける!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
バランスが崩れそうになったりしてヒヤッとしたとき、バイクをコントロールするのは後ろブレーキ。だからいつでも後ろブレーキを踏めるように、ステップに乗せる足の位置に気を付けながらやってみよう。
あぶないと思ったら、後ろブレーキをかける
あぶないと思ったら、後ろブレーキをかける
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.