Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
10. フロントアップ
  クラッチを使ったフロントアップ
naoki_face
ボディーアクションを使ったフロントアップに慣れてきたら、エンジンのパワーをもっと使ってみよう。アクセルワークに加えて、クラッチを使ってパワーをポーンとかけてあげると、オートバイをより早く起こせるし、そのぶん体の力が少なくて済むんだよ。
まず重要なこと。クラッチを切ったとき、スピードがゼロに近くなります。このときにバランスを崩さないようにすること。特にハンドルを切るのはNG!「クラッチ切ってもハンドル切るな!」
直樹の標語・・・「クラッチ切ってもハンドル切るな」
直樹の標語・・・「クラッチ切ってもハンドル切るな」
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
クラッチを切っても真っ直ぐ走ることができたら、次はクラッチを切ったタイミングでアクセルをポーンと開けてみるよ。これができるようになると、ボディーアクションを極限に減らすことができて、多少の動きだけでこんなに簡単にフロントが上がるんだ!
クラッチを切ったタイミングでアクセルを開け・・・ クラッチを「ポン」とつなぐと、こんなに上がる
クラッチを切ったタイミングでアクセルを開け・・・ クラッチを「ポン」とつなぐと、こんなに上がる
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
ここで、今までのことを全部まとめて応用編・・・停止状態からのウィリーに挑戦しよう!ハンドルを切らずに、しかもリアタイヤを空転させないアクセルワーク、クラッチワーク、ボディーアクション。すべてがピッタリ合ったときにだけできるワザなのだ〜!
停止状態から・・・ ウィリー!
停止状態から・・・ ウィリー!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
だんだん慣れてきたら、それで満足しないでさらにステップアップだっ!ウィリーをしたまま・・・やっぱりカメラ目線でしょ〜♪
カメラ目線でウィリー完璧!?
カメラ目線でウィリー完璧!?
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.