Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
9. デコボコ道
  段差越え・丸太編
naoki_face
段差越えのうちのひとつ、丸太越え。丸太の高さや大きさ、形はいろいろだから、まずはフロントを確実に上げよう!
初めに一番大切なこと。丸太は特に滑りやすいから、真っ直ぐ、つまり丸太に対して垂直に入ろう。
真っ直ぐ、垂直に入る 前から見ると
真っ直ぐ、垂直に入る 前から見ると
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
次に、フロントタイヤを丸太の高さに上げるんだけど、アクセルだけではなく、ボディーアクションも使って、ふたつのタイミングを合わせることが大事だよ。
ボディアクションとアクセルを使ってフロントを上げる
ボディアクションとアクセルを使ってフロントを上げる
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
フロントを上げて、リアタイヤが丸太に当たったら、サスペンションの反発を使って丸太を越える。さぁ、やってみよう!
リアタイヤが当たって・・・ サスペンションの反発で・・・ 越える!
リアタイヤが当たって・・・ サスペンションの反発で・・・ 越える!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
丸太にフロントを乗せたときに、どういうわけかハンドルが右に切れちゃうんだ。丸太に垂直に入って行ってるのに・・・なんで〜 !?
naoki_face
それはフロントを上げるときの腕に問題があるんだよ。ボディーアクションを使って体を引くときに、どうしても腕、特に利き手に力が入ってしまう。そうすると、フロントタイヤが丸太に当たる、つまり体を引く瞬間に、力が入っている方にハンドルが切れてしまうんだ。ハンドルが切れてしまわないためにも、まずは助走の段階で、ステップバランスを使ってハンドルがなるべく真っ直ぐになるようにコントロールをすること。そして、前にかけた体は必ず真っ直ぐに後ろに引くようにしよう。
 
ハンドルが曲げて引いてしまう 体重移動を真っ直ぐにして引く
ハンドルが曲げて引いてしまう 体重移動を真っ直ぐにして引く
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
丸太にフロントタイヤを乗せるタイミングがうまくつかめなくて転倒寸前!直樹さ〜ん、コツ伝授お願いっ!
naoki_face
はいよ〜っ!これはウィリーが高過ぎたり、フロントを上げるタイミングが早過ぎるからだね。何回もコツコツ練習をして、「このくらいの距離でこのくらいフロントが上げられる」っていう自分の間合いを頭と体で覚えよう。フロントを一気に上げるのではなくて、タイヤが一度丸太に触るようなイメージだよ。
 
フロントアップが早すぎ、高すぎ 丸太に前輪が触れるようなイメージで
フロントアップが早すぎ、高すぎ 丸太に前輪が触れるようなイメージで
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
丸太は越えられるようになったんだけど、着地がうまくできなくてまたまた転倒寸前!いったいどこがいけないの !?
naoki_face
それはね、丸太を越えて、リアタイヤが丸太に当たったあと、フロントタイヤが地面に着いたときに、ハンドルが切れているからだよ。こんなときはバランスを崩すだけではなく、タイミングによっては前転してしまうから要注意!ポイントは、前輪を丸太に当てるまでの真っ直ぐなハンドル操作。それと、リアタイヤが丸太に当たってからも「ハンドル真っ直ぐ」を意識しないとフロントタイヤが切れてしまうから、腕に適度な力を入れて、フロントタイヤを真っ直ぐに送り出すようにすること。これでカンペキだっ!
 
下ばかりを見てしまう・・・ ひざを入れることにより前を見れるようになる
着地したときにハンドルが曲がってしまう・・・ 最悪の場合、前転してしまう
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
 
ハンドルは真っ直ぐ引いて・・・ 真っ直ぐ送り出す!
ハンドルは真っ直ぐ引いて・・・ 真っ直ぐ送り出す!
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.