Let's Ride On!
BACK TOP NEXT
ネットでライテク伝授
6. ターン
  オフキャンバーターン
naoki_face
次に、斜面を下りて行きながら途中でUターンをして登ってくる「オフキャンバー」について。下りながらのブレーキング、そしてハンドルを切りながらステップバランスを使って、オートバイを微妙に左右にコントロールすることが大事になってきます。さぁ、どんどん伝授しちゃうよ〜!
まずは下りだから、スピードが出過ぎないこと。下り斜面にかかる位置からブレーキをかけ始めて、ゆっくり下りて行くのがポイントだよ。そしてターンするときは、止まるか止まらないかのギリギリの速度でバランスを取ります。ステップを切り返してオートバイが斜面に対して真っ直ぐになったら、その時はすでに登りのフォームを作っておく。そして登って行きま〜す。
下り坂でターン 坂の上から見ると
下り坂でターン 坂の上から見ると
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
ハ〜イ質問!Uターンの途中でリアタイヤがスリップしてしまって、登りに入れませ〜ん。直樹兄さん、どうしたらいい!?
naoki_face
はい〜まかせといて!それはステップバランスを使った微妙なコントロールが一番必要なときに、アクセルを開け過ぎるからだよ。斜面の途中でアクセルを開けると、リアタイヤはパワーがかかり過ぎてスリップ!外に流れてしまいます。それと、ハンドルを切り過ぎていると、リアタイヤがさらに滑りやすくなるからね。ターンのときは、「アクセルワークをジワジワと丁寧にやる」、「ハンドルを切り過ぎない」。これがポイントだっ!
 
アクセルを開けすぎてリアタイヤが流れてしまう・・・ アクセルはゆっくり開ける
アクセルを開けすぎてリアタイヤが流れてしまう・・・ アクセルはゆっくり開ける
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
naoki_face
直樹兄さ〜ん、アクセルワークはジワジワ〜ってできるようになったのに、今度は前輪タイヤが滑ってるよ!たすけて〜〜〜。
naoki_face
はい〜今度は、オートバイが斜面に対して横に向いていないのに、ハンドルをいっぱい切ってしまうからだね。急な角度でターンをして戻って行こうとすると、こうなるんだ。道の幅いっぱいを使って、ゆっくり、ハンドルをなるべく切らないようにラインをトレースするのがポイントだよ。さぁ、今度はきっとうまくできるよ!
 
前輪が流れてしまう ハンドルをなるべく切らずに大きくターン
前輪が流れてしまう ハンドルをなるべく切らずに大きくターン
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
動画 → ブロードバンド(1 Mbps)
→ ナローバンド(100 Kbps)
BACK TOP NEXT
Copyright(C) NAOKI KOBAYASHI. All Rights Reserved.